別冊チョコレット

右でも左でもない下だ

ここ数年で最大のおったまげ~

たまたま玉虫に続きまして、今日のたまたまのたまはおったまげ~であります

 

偶々、ベルメゾンやらかしのニュースを目にしまして

通販大手のベルメゾンの秋のカタログに掲載された写真

読書の秋ということで、素敵な洋書を掲げたモデルさんが微笑んでいる写真

キャプションに「わくわくする本が見つかった」

今の季節ありがちな写真と言葉

でも、この本がナチス関連本だったが為に回収騒ぎに

たまたまいい感じの本を持たせたのか?知っていて持たせたのか?

どちらにせよかなり希少本らしいので

ベルメゾンさんはとんだ災難ではないでしょうか?

 

このニュースのどこがおったまげ~なのか?

ニュース自体はおったまげ~度ほどほどだと思います

何がそんなおったまげ~なのかと申しますと

個人的にベルメゾンフェリシモと並んでこじゃれたOLさんが利用する通販会社のイメージを持っていたんです

以前はおしゃれなTVCMとかも流していたので、ベルメゾン千趣会がやっているというのも知っていました

で、今回のニュースを見て千趣会てどういう意味だろと調べたら

なな。なんと千趣会は「こけし千体趣味蒐集の会」の略だというではないですか

おしゃれだと思っていたベルメゾンの本体がこけし千体だったとは

思わず「マジかよっ!」と声がでてしまうほどおったまげ~てしまったわけであります

 

何?ベルメゾンの本体が千体なんて日本人の常識だろって?てことなら無知な私を憐れんでこの記事はスルーしてください

 

玉虫色の結末

玉虫厨子を見たことありますか?

私は小学生の時に遠足で見ました

玉虫の羽を装飾に使っていると聞き、

相当煌びやかなものだと思い込み、

こげ茶ぽい地味な厨子に期待を覆され、

がっかりした記憶が

年月が経って煤けてしまったか、

羽が取れてしまって玉虫厨子から単に厨子になってしまったか、

そもそも茶色の玉虫を使っているのか、

説明を受けたような受けなかったような?

結局、なぜ?玉虫の厨子は渋いのかは覚えていません

 

玉玉、いや偶々、生きた玉虫を初めて見たもので、小学生の頃に記憶がとびました

 

セミの鳴かない夏

夏なのに、まだセミの鳴き声を聞いていません

今朝、セミの抜け殻を発見したので絶滅したってわけではなさそう

これからうるさくなるのかな?


                  

 

ウサギ小屋よりちいさい家

日本の住宅を揶揄してウサギ小屋とか言われたこともありました

それよりもっと狭い家

間口1.5㎜、高さ2.5㎜あるかないかのほんとに小さい家であります

家と同じく黒目もちいさくてかわいい!